FC2ブログ
プロフィール

Azu

Author:Azu
 北海道出身
  現在福島県在住 
   1970年生まれ ♂ 
    (妻一人・子2人) 
《FC2プロフはこちらから》

Azu
1stキャラ :
  Azu ♂ HR9 (長男)
メイン武器:双剣 & 弓  

Azumi
2ndキャラ :
 Azumi ♀ HR9 
    (長女/Azuの妹)
メイン武器:大剣 
    そのた色々挑戦中。。

azuhiko.jpg
3rdキャラ :
 Azuhiko ♂ HR4 
    (次男/末っ子)
メイン武器:ハンマー 
         &
      ヘビィボウガン 


~近況~
MHP2ndGに漬ってます。
アドホックパーティーの
為だけにPS3を所有!!

最近はKai&スカイプに
出没中デス!!

Kai ID : azuo_

そのた詳細はこちらをどうぞ
     ↓↓
【モンハンバトン兼仕様書】
  Rev.2009.07.26

とまぁ・・・・・・・こんな私です。

 あっ!リンクはフリーです。
 連絡もらえると更に (v^ー゚)

ヨロシク<(_ _`*)X(*´_ _)>ヨロシク

 
ポッケ村に来てくれた人達
 
ポッケ村を散策中の人達
 
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 
記念樹 マガティガソロ討伐記念
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
今日 入社以来 お世話になってきた 私が師とあおぐ上司が
職場を去ったことを知らされた。

昨年から他の事業所へ転勤となっていた為、気づくのが送れ
最後の挨拶もなにもできなかった。
何かトラブルを起こしての・・・と言うことだったが、信じられない。
労働組合に食って掛かったが時すでに遅く、現に彼は去った後だった。

彼との出会いは14年前、私が新入社員として福島に配属され
不安な日々を送っていたところを、彼が率いるグループに拾い上げて
くれたのがきっかけだった。彼は一言で言えば職人堅気の親分肌。
彼には3人の子供がいたが、彼は私のことを4人目の息子だと
言ってくれ、職場でもプライベートでも可愛がってくれた。

 話が脱線するが、私は小学4年生の時に両親の離婚で父と
 離れ離れになった。父は仕事が忙しい人だったらしく
 正直、私は父親の記憶があまり無い。
 少年時代、グローブは買い与えられていたが、父親と
 キャッチボールをした記憶すら無い・・

私はそんな彼を”もう一人の父”として慕っていたし、職場では
師としてあおぎ忠誠をかけてつかえていた。

彼の口癖は

『お前らの失敗は全部俺の責任だ!お前らのケツは俺が拭いてやる!

  後のことは気にせず、お前らのやりたいように 暴れて来い!!』

という 威勢のいいものだった。


紹介が遅れたが、私の職場は工事の管理が主で私たちの業務内容は、
いわゆる現場監督である。

『安全を確保し、取り巻きの業者との工程を調整し、現場を円滑に進める・・』

そんな我々の職務上、『心配ない!暴れて来い!!』という言葉は、正直
背中を押された故の勇気と自信を生み出し、自分の実力以上の成果を生み出した。
結果、そのあとには数え切れないブレーンと、信用信頼を得ることができた。
これらは何にも変えられない私の財産となっている。そんな私たちを彼は
いつも嬉しそうに見守っていてくれた。

そして私が失敗したとき、彼はその言葉を一度だけ私の前で実行してくれた。

そんな親分だから味方も多いが敵も相当多く、社外に収まらず職場内にも
その影は存在した。当然、子分の私たちにもその矛先は向けられ、嫌がらせや
中傷・妨害などが後を絶たなかった。しかし私たちはそれを苦とはしなかった。
むしろ気持ちよかったほどである。ほんとうに恵まれた環境だったと懐かしく思う。

私は彼を今でも尊敬しているし、永遠に追いつくことができない目標として
これからも追いかけていく。

私の勤める会社は、ピラミッドをひっくり返したような組織形態で
一般社員より上司のほうが多い。したがって15年勤めている私でも
今だに部下はいない。実際のところ『永遠の若手』と呼ばれている。

そんな私にも、少なからず近い将来 部下ができる。
そのときには、彼の教えを受け継ぎ、『暴れて来い!!』と言える
そんな上司になれればと思う。

それが私がこれから出来る彼への恩返しと信じている。
残念ながら、それを彼に見せることは出来ないが、
彼のことを忘れないためにも
彼の意思をこれからの現場にしっかり継承していこうと思う。

そのためにも、もっとしっかりした大人にならなければと、今日改めて
考えさせられた。

しかし・・ 今は正直ショックを隠せない・・・

今日は雨・・ 誰も見ていなかったら、正直私も泣きたい気分である・・・。
スポンサーサイト
2009/07/23(木) 14:03 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

~ようこそポッケ村へ~
 
ブログ内検索
 
最新トラックバック
 
ブログランキング参加中です
 
公式サイトへ出発!!
 
ハンターAzuのアイテム
QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。